委員会紹介 
 

総務委員会
委員長 佐藤豪

事業計画
 近年の地価上昇率や外国人宿泊者数に裏付けされた倶知安町は国際リゾート化が急速に進み、情報化社会の促進も相まって個人間のコミュニケーションは複雑化、多様化する一方、地域のコミュニティ機能と世代間のつながりは停滞から衰退へと推移しています。今こそ我々倶知安青年会議所が、地域住民や関係諸団体との「想いと活動」の共有、情報の積極的な発信と円滑な運営を通し、地域を担う青年として勇猛精進しなければなりません。
 まずは、円滑にて強固なる組織運営を行うために、総会・例会・事業・委員会・各種会議への案内及び正確かつ迅速な議事録の作成や、各種資料の整理・保管を適切に行うことで、会員間のスムーズな活動を促進します。そして、このまちの輝かしい未来の紡ぎ手となる子供達の登下校の安全と学習意欲向上のために、ランドセルカバー並びにJC文庫の贈呈を行います。さらに、先輩諸氏が長年かけて築き上げてきたかけがえのない青年会議所運動の認知と理解を対外的により一層深めるために、HPやSNS等の各種コミュニケーションツールを効率よく活用し、我々の活動情報を随時発信する他、会報誌「翔き」の編集・発行を通して運動発信を行います。また、御協力を頂いている各種団体や先輩諸氏に向け、倶知安青年会議所の新たなる体制のお披露目と運動の発信のために、新年交礼会を開催します。そして、会員のさらなる資質向上と会員同士の相互理解のために、会員交流事業を開催します。さらに、一年間の活動への労いと、日頃の青年会議所活動におけるメンバーの家族に対し、心からの感謝の気持ちを伝えるために、家族交流例会を行います。
 円滑で強固なる組織を運営するうえで会員の活動を縁の下から支え続け、必要不可欠となる情報環境の維持管理と整備を適切で柔軟に行い、個々の主体的な活動が円転自在に行われることで、より一層強固で美しい組織の創造から、誇りあるまちを次代へと紡ぎます。
[事業計画]
1.総会・例会・事業・委員会などの案内、議事録作成、資料の整備・保管
2.メンバーとの情報連絡体制の構築
3.ランドセルカバー・JC文庫の贈呈
4.倶知安青年会議所の関わる事業の広報及び参加促進
5.倶知安青年会議所HP、FBの運営管理
6.新年交礼会の開催
7.会報誌「翔き」の編集・発行
8.会員交流事業の開催
9.家族交流例会の開催
 
次代への架け橋を創るひとづくり委員会
委員長 五十嵐公憲

事業計画
 倶知安町は国際観光都市として現在も発展し続け、北海道新幹線札幌延伸まで13年や高規格道路の延伸決定など、目まぐるしい速さで私たちを取り巻く環境が変化しています。私たちはその環境の下、このまちの発展に寄与された先輩諸氏の意志を継承し、将来もこのまちで暮らしていきたいと思う子供たちに向けた環境整美の創造と、その創造ができる人財育成を通し、さらに自ら地域社会を担う青年として勇猛精進しなければなりません。
 まずは、大きく変化する地域環境の中で、会員がどの様な役割を持って地域に携わって行くべきかを考えるために、今地域貢献に必要なことを会員一丸となって模索する例会を開催し、切り開いていくべき次代のビジョンを明確化していきます。そして、将来子供たちが幾年も素晴らしい思い出として語らい、倶知安町で生まれ育った事を誇りに思える地域の活性化と地域住民との協働意識を醸成するために、地域住民や行政、教育機関と連携を図る事業を行い、他の青年諸団体との横の繋がりのコミュニケーションを軸とした縦の世代間を全て架け橋でつなぎます。さらに、じゃが祭り事業に参画し、輝くまちづくりを目標とした各参画団体の活動の一助につなげます。また、倶知安町の歴史を踏まえ、未来を担う純粋で奇抜な発想を持った子供たちと共に愛着を持って幸せに暮らせるまちづくりを考えるために、子供参画事業例会を開催し、次代が望む豊かな未来の創造につなげます。そして、俱知安青年会議所運動が同世代の青年経済人にとって魅力あるものにするために、会員拡大を行い、新たな「縁」を築いて積極的な青年会議所運動の展開につなげます。
 地域を担う青年として次代への大きな架け橋を構築し、私たちが自らまちを愛し、我がまちの魅力を他へ発信し、世代間の隔たり無く互いにどんな時も笑顔で手を取り合える多くの「絆」を芽吹かせた時、それぞれの夢が現実となって誇りあるまちを次代へ紡ぎます。
[事業計画]
1.2月例会の開催
2.6月例会の開催
3.じゃが祭りへの参画
4.10月子供参画事業例会の開催
 
BE REVIVED まちづくり委員会
委員長 中山剛史

事業計画
 四季折々で表情が変わる倶知安町は、国内外の移住者の増加による国際化と交通の利便性の向上や地域産業の活性化が進み、まちが変貌を遂げています。しかし、コミュニティに属さない利己主義者の増加や若年層不足による町内会組織の弱体化などにより、地域や人のつながりが希薄化の傾向に見られます。今我々は護り伝承するべき郷土芸能を通し、人と人とのつながりの再興に向け、地域を担う青年として勇猛精進しなければなりません。
まずは、青年会議所の発想力と団結力を活かし、地域住民と時節の活況を創出するために、雪トピアフェスティバルに参画し、地域や団体が持つスキルや可能性を引き出すことによって地域再興につなげます。そして、子供たちの健やかな成長を促し、青少年同士の達成感の共有と愛郷心の醸成のために、青少年育成事業を開催し、地域社会人との世代間交流と郷土への帰属意識の育成につなげます。さらに、次世代に継承していく文化の再興と維持補完を担う人財育成のために、倶知安神社例大祭神輿渡御の奉仕活動に参画し、地域社会に貢献する他団体やまちの方々と共に、郷土の文化と誇りを未来へと紡ぎます。また、まちを想う情熱を通して我々の運動の魅力を発信するために、じゃが祭りのイベント企画運営に参画し、諸団体との協働構築と夏季の熱気溢れる輝かしいまちづくりを広く町内外へと伝えていきます。そして、倶知安青年会議所の運動を広域的に発信するために、振興の地山田地区の団体と交流を行う事業を開催することで、国際的な異文化や多様な言語、多彩な価値観と触れ合える機会を通して、協働関係の構築と広域の活況につなげます。
 倶知安青年会議所会員が、地域住民と共に様々な機会を通して郷土の持つ資源の価値を見つめ直し、世代間の交流から新たな縁を通して、地域住民や諸団体と足並みを揃えることで個々の愛郷心を再興し、さらなる輝きを放つ誇りあるまちを次代へと紡いでいきます。
[事業計画]
1.雪トピアフェスティバルへの参画
2.青少年育成事業の開催
3.倶知安神社例大祭 神輿渡御への参画
4.じゃが祭りへの参画
5.地域活性化事業の開催





・本年度方針
 理事長所信
 委員会紹介
 役員紹介
 組織図
 出向者リスト
・活動報告
・入会案内
・問い合わせ
  〒044-0032
北海道虻田郡倶知安町南2条西1丁目 倶知安町経済センター内
TEL:0136-22-1108 FAX:0136-22-1109