役員紹介 
 

副理事長 佐藤悟 

基本方針
 倶知安町は豪雪地帯という風土を活かし国際観光地として開発が進んでおり、また高速道路、北海道新幹線の着工と未来への可能性が溢れています。倶知安青年会議所は、昭和35年に認証され56年の長きに亘り、地域と共にまちづくりを行い、人財育成を行ってきました。明るい豊かな社会を目指すには、会員同士の相互理解を深め一致団結し、地域住民と共に我々が率先して行動し、地域を担う青年として勇猛精進しなければなりません。
 まずは、スムーズな組織運営を行うために、副理事長として理事長を補佐し、三役、担当委員長と緊密に連絡を取り合い、議事録の作成、資料の整理、保管を適切に行い、例会、事業、各会議の円滑な進行へとつなげます。そして、単年度制故に新体制を広く発信するために、関係諸団体との交流を深める新年交礼会を開催と「翔き」発行の一助となります。さらに、より強固な組織を構築するために、同年代の青年にも広く発信することで、新入会員の拡大を図ります。また、地域住民に運動を広く周知するために、HP等、各種コミュニケーションツールを使用し地域諸団体に協力することで、さらなる広報へとつなげます。そして、会員が活動しやすい環境を整えるために、組織の連絡体制を確立することで、情報共有を行いガバナンスの強化へとつなげます。さらに、歴の浅い会員同士との相互理解を深め、円滑な青年会議所活動を促進するために、会員交流事業を開催します。また、活動は暖かな家族の支援があっての事であり、日々の生活で忙しい中会員を支える家族と、会員の一年間の労をねぎらうために、感謝の意をこめて家族交流例会を行います。
 一年間の活動を通して会員同士が肝胆相照となり、さらなる地域諸団体との協力を得られるようになることでこれまで以上に地域住民と手を携えつつ、固い絆で結ばれた団結力と郷土愛を胸に抱き、各々が主体的に活動することで、誇りあるまちを次代へと紡ぎます。
 
副理事長 尾形啓学 

基本方針
 四季の彩りが際立つ倶知安町は自然という大恩恵を受け、更には新幹線の開通や高規格道路の延伸、札幌オリンピック誘致に伴う競技会場候補といった地方都市の中でも未知なる可能性を秘めたまちとされます。一方では、圧倒的な外国資本に飲み込まれ都市開発も先進であるべき姿とは程遠く、地域志気が低迷しているのが現状です。今を進む我々は地域を巻き込み共に成長をしながら、地域を担う青年として勇猛精進しなければなりません。
 まずは、倶知安青年会議所が今日までまちに根差し続けてきた活動と伝統を失うことなく運動を推し進めるために、理事長の補佐役とし積極的に行動し、会の運営に滞りないよう諸会議に参画します。そして、俱知安青年会議所運動の基盤となる総会や事会、例会、事業を含めた行事を滞りなく円滑に進めるために、組織上の責任を自覚しながら委員長との連携を深め事業構築に寄与し、会員と一緒に想いを共有し活動します。さらに、会員相互のコミュニケーションと地域とのコミュニケーションを図り、地域一帯となった事業を構築するために、ガバナンスの強化とファシリテーションの技術向上を目指します。また、あらゆる起因からなる「縁」の大切さ尊さを常に心に留めて活動するために、巡り会う人財に笑顔で接し、いつでも誰でも互いに手を取り合って協働を行う「円」の環境を創造します。そして、地域の未来を創造するために、次代を担う小さな人財と共に地域の将来を語らい、純粋で展望ある意見を巻き込み人口ピラミッドの基礎から地域志気を高める運動を行い、次代を担う若きリーダーの育成と難題に立ち向かう意識醸成を行っていきます。
 私たちが、誇り高き先人がまちの発展に寄与し連綿と受け継いできた地域の伝統と、倶知安青年会議所先輩諸氏が受け継いできた意志を、これらの起縁でさらに磨きをかけることにより、新たな次代を切り開く豪傑として志を共にし、誇りあるまちを次代へ紡ぎます。
 
専務理事 打越雄介 

基本方針
 我々が暮らす倶知安町は、後志地域においては行政の中核を担い、インバウンドビジネスの増加傾向は国内外から高い注目を受け続けています。急激に加速していく環境の変化の中で、交錯する人と価値観は多様化し、その勢いを弱めません。このような時代だからこそ我々は、この国に受け継がれた武士道や誇りを尊び、この町で育つ若者たちの愛郷心の醸成につなげ、柔軟に又革新的に地域を担う青年として勇猛精進しなければなりません。
 まずは、当該理事長の描く青年会議所運動の実現のために、補佐役として会員間の連携に努め、円滑な会の運営を執行します。そして、倶知安青年会議所が60年の歴史の中で築き上げてきた信頼を損なうことなく運動を推進するために、理事長の随行者として各種会議への参画や、外部団体との連携、交流を用いて青年会議所運動の存在意義を高める一助となります。さらに、勇猛果敢に行動する人材育成のために、会員一同が足並みをそろえ研鑽しあえる環境の創出に努め、それぞれの活動に対する意識高揚を助長します。また、効率的な理事会、総会の運営を遂行するために受け継がれてきた慣習を踏襲し、会員への伝播と啓発活動を行うことで、組織のガバナンス強化につなげます。そして、地域住民との意識共有を図るために、社会開発における調査活動や意見収集、運動の発信と広報活動の展開を積極的に行っていきます。さらに、会員間の円滑な運動の促進による相互理解と意識向上のために、経験あるまちづくり委員会を担当ラインとして担うことで、雪トピアフェスティバルやじゃが祭り等の事業に積極的に携わり、円滑な構築運営につなげます。
 このまちのために、我々会員が積極的且つ、精力的に邁進することで、自らを取り囲む地域住民と密接にコミュニケーションをとり、急激に変化する時代の中でも相互理解を深め、輝く夢を共有することで、理想的な社会像を創造し誇りあるまちを次代へと紡ぎます。





・本年度方針
 理事長所信
 委員会紹介
 役員紹介
 組織図
 出向者リスト
・活動報告
・入会案内
・問い合わせ
  〒044-0032
北海道虻田郡倶知安町南2条西1丁目 倶知安町経済センター内
TEL:0136-22-1108 FAX:0136-22-1109