役員紹介 
 
副理事長 中山 剛史
基本方針
 時代や環境が目まぐるしく変化をしていく中で、創始の志を忘れず社会への奉仕・世界との友情・個人の修練の三信条に基づき地域のリーダーとして幾多の困難を乗り越え青年会議所運動を展開してきました。伝統を学び今を考え、まちの未来を想い新しい境地を切り開き行動をしていく必要があります。
 我々は地域から必要とされる青年経済人となるために一人ひとりが個を高めることの重要性を認識し、スキルアップをし、組織や地域にフィードバックしていく使命があります。この地域のために時間を使うということは人生を懸けて活動していると自覚し考動しなければなりません。理事長の掲げる号令の下、先人たちが62年間積み重ねてきた不易を理解し堅持し続け、自分の可能性を信じ積極的に変革を創造していくことで、新たな一段を積み重ねるべく努めます。そして理事長の補佐役として各種会議への参画、外部団体との交流や地域間との連携を強化し、青年会議所の存在意義を高める一助となります。さらに、会員それぞれが存分に力を発揮できる環境を創出し、このまちの可能性を広げる運動事業に導き、組織力の強化をすることでLOM全体の発展を実現します。また、ご協力いただいている関係諸団体や諸先輩方との更なる連携強化を図るために新年交礼会を開催し、日頃の感謝や会員個々の決意や情熱を伝えます。そして、会員間の結束力や各LOMとの交流を深めるためにスポーツ大会への参画、さらに地域社会に更なる活力を与えるために盆踊り事業へ参画し、我々の活動を体外に向け広く伝播します。また、倶知安神社例大祭御神輿渡御に奉仕参画することで、地域の皆様とともに郷土の文化と誇りを未来につなげます。そして、担当ラインとしてまちづくり委員会の相互理解と意識向上のために例会や事業に積極的に携わり、共助の精神が根付いた笑顔あふれる記憶をつなぐまちを未来へと創造できるよう不屈の精神を養い、覚悟を持って挑戦し続けます。
 
副理事長 五十嵐 公憲
基本方針
 私達が暮らす倶知安町では、国際観光都市として更なる成長を続け、新幹線開通に向けての準備も着々と進められており街中に活気を感じることができる中、外国人や我々と同じ青年世代の人々もこのまちの自然の魅力などに牽引され集い、全国的に人口減少が問題視されている状況下においても減少の歯止めに大きく貢献されております。その中で青年会議所のメンバーである我々が同世代でのリーダーとなり、このまちの発展に寄与された先輩諸氏の意思を継承しながら不易流行のバランスを図り、時代変化に順応していくことが重要だと考えます。
 まずは、60年にわたり先輩諸氏により築き上げられた倶知安青年会議所の信頼を損なうことの無いよう、青年会議所の運営をスムーズに行うために副理事長として理事長の補佐を積極的に行い、三役、担当委員長と綿密に連携を図りながら、例会や事業を行います。そして、会員相互のコミュニケーションをしっかりと図り、地域の諸団体や青年経済人とのコミュニケーションを大切にしながら青年会議所の活動を発信してまいります。さらに、入会して間もない会員が多い中、会員個人のスキルアップをはかる勉強会を実施し、ひとりひとりが地域に貢献し青年経済人の中においてオピニオンリーダーとなるべく、本年度設立されるガバナンス強化室と協力し会員としての資質とモラルを高めていきます。そして、魅力溢れる青年会議所の活気あるJC活動を、交流会や意見交換会を通じ会員拡大室を中心として地元の青年経済人をはじめ、この町に魅了され集った同世代の人達へ発信することで会員獲得を推し進めて参ります。
 青年会議所活動を行ううえで、私達が暮らすこの町をもっと良くするために何をするべきかを仲間と共にしっかりと見据え、個々の責任を自覚し不屈の精神を養い、覚悟を持って挑戦し続けます。
 
専務理事 佐藤 豪
基本方針
 倶知安町は自然環境を強みとしたオールシーズン型国際観光地としての開発が拡大し、高速道路、北海道新幹線の着工など益々の発展が期待されております。倶知安青年会議所は、1957年に創立されて以来長きにわたり地域と共にまちづくりの一助を担い、人財育成に取り組んでまいりました。より成熟した社会を目指して会員同士の相互理解を深化し新たなる時代に向けて不易流行のバランスを保ち、その意思を受け継ぎ共有していかなければなりません。
 まずは、本年度理事長が目指す青年会議所の運動を実現すべく作戦参謀の一端として、会員間の密な連携に努めスムーズかつ安定した会の運営を致します。そして先輩諸兄が長きにわたり築き上げてきた今なお輝き続ける軌跡を礎にわれわれの運動を強く推し進めるため、理事長随行を通して各種会議に出席し関係諸団体の皆様との連携や交流を深め、青年会議所運動の強化につなげます。また本年度より新設される会員拡大室とガバナンス強化室との円滑な連携連動と今日まで培ってきた伝統の継承により会の更なる根幹強化につなげ、会の円滑でしなやかな運動の一助となるべく総務委員会の担当ラインとして担い議事録の作成、資料の整理、保管を適切に行い、例会、事業、各会議の円滑な進行へとつなげ、先輩諸兄や関係諸団体との交流を深める新年交礼会の開催と会報誌「翔き」の発行を致します。また、地域住民や関係諸団体に運動を広く周知し理解を得るため、HP等、各種コミュニケーションツールを使用することで、さらなる広報へとつなげます。さらに、歴の浅い会員同士との相互理解を深め、円滑な青年会議所活動を促進するために、会員交流事業を開催します。また、会の運動に惜しみない労力と情熱を注いでいただいた先輩に感謝の思いを伝えるべく、卒業例会を開催します。
 一年間の活動を通して感謝の思いを胸に、限りなき可能性を信じて不屈の精神を養い覚悟を持って挑戦します。





・本年度方針
 理事長所信
 委員会紹介
 役員紹介
 組織図
 出向者リスト
・活動報告
・入会案内
・問い合わせ
  〒044-0032
北海道虻田郡倶知安町南2条西1丁目 倶知安町経済センター内
TEL:0136-22-1108 FAX:0136-22-1109